FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
はじめに。
2030-11-13 Wed 00:00
It's My Styleへお越しいただき、ありがとうございます。

本ブログの本文及びそれに伴う一切の事につき、
他の媒体への転記、掲載、リンク貼付等は厳禁です。

よろしくお願いいたします。


管理人より
スポンサーサイト



別窓 | 想う言の葉
お誕生日おめでとうございます♪
2016-11-13 Sun 23:13
拓哉クン
お誕生日おめでとうございます♪

いつも全力をありがとう!

いつも真っ直ぐさをありがとう!

いつもブレない言動をありがとう!

いつも笑顔で盛り上げてくれてありがとう!

いつも優しさをありがとう!

いつも思いやりをありがとう!

同じ時代に生きてくれてありがとう!

拓哉クンの存在は、生きる糧、元気の源です。

本当にありがとう!

これからも、全力で応援していきます!

拓哉クンにとって、未来が益々充実した幸せな日々でありますように、
心から願っています。

HAPPY BIRTHDAY to 拓哉♪

大好きです!



別窓 | 木村拓哉
Style~One Chance!
2016-09-24 Sat 23:58
今日は、2016年9月24日

かなりの歳月が流れた。


初めてライブに行くことができ、
生の拓哉くんを見ることができた日。


コンサートの感動と興奮と感激と!

拓哉くんの、あまりのキッラキラオーラと、絶対的存在感。
そして、ずっと笑顔で歌って踊り、ステージ上を駆け抜けている姿。
あっという間に心鷲づかみにされ、持っていかれた。


あの日を境に、物凄い大きな大切な存在となった。



今日は何があっても絶対に記事を書こうと思ってた。


暫くの間、ずっとずっと書けなかった。


昨年、仕事も忙し過ぎるくらい忙しく、自分の時間がなくなり、
なかなか書けず、今年新年にはと思い、
そう思っていた時の解散騒動。


衝撃に、書くことができなかった。


…それから、何度か書こうと思ったこともあった。


でも、月日が経てば経つほど、本当に様々なことがあり、
色々なことを見てしまったり、知ってしまったり、


正直、嫌な世界をいっぱいいっぱい知ってしまった。


顔が見えないのをいいことに、物凄い数々の攻撃、
汚い罵り、罵倒、暴言


どれほどのそんな言葉を見てしまったことか


さらには、善意な言葉を汚い場所に晒したり


なんて恐ろしい世界なんだろうと思った。


怖いと思った。


物凄く心が傷ついた。


守ろうと思って書きたくても、どこまで書いていいのか悩み、
日にちばかり費やした。




私は拓哉くんのファンです。
大好きです。

1月から、正直まともに寝ていない。

毎日のように泣けてくる。

なぜグループ存続に尽力した人が叩かれなくてならないのか?
解散してほしくないと言っているのであれば、
そう望むファンがなぜ叩くのか?
理不尽で仕方ない。



ここにちゃんと書こうと思うことがある。



1月13日騒動があってすぐのこと。

スマホ開けるとトップ記事。
それは連日気持ち悪くなるくらい続いたが、
本当に騒動起きてすぐの記事。
その記事の後にコメントがずらりと並んでいた。

読むと、目を覆いたくなるくらい、拓哉ばかりを叩くコメントが…

その中には、明らかに他メンファンのコメントと分かるコメントが多数あった。

読めば分かる。成りすましなんかではない。

物凄くショックだった。

今までそういうことを知らず、考えたこともなかったから…

凄く汚い罵声が数多く並んでた。

涙がでた。

なんで?と思い、
もう遣る瀬無い気持ちでいっぱいになった。

何でだよ!
何で同じグループファンが叩くんだよ。

5人とも事務所を去ったら、グループの名前も名乗れない。
楽曲も歌えない。
映像も流せない。
それこそ存続なんてできない。
何もかも失うのに、
活動だってできるはずもないのに。

残ったからこそ、今だって名乗れるし、

歌も歌えるというのに。


あの日、グループファンによる拓哉叩きコメントを見た時から、
私の心は冷えた。
気持ちはグループファンから遥か遠くに遠ざかった。


知ってしまった瞬間だった。


その後、
1月、拓哉の新CMである企業へ、グループファンが物凄い数の苦情、攻撃をしていることも知った。

暫く後になるが、或るりーだーファンのツイッターに、
攻撃や苦情をCM企業にするという証拠となる呟きを見てしまった。

「まだまだやってやる!」とはっきり書いてあった。

やってやる。とは、企業への攻撃や苦情を送り続けるという意味。

恐ろしくなった。怖くて震えた。と同時に悔しくて悲しくてそんなことまでする情けなさに涙出た。

パ○○○○ッ○サポーターについても、
拓哉応援をして先頭に立つのは許せないと、苦情、攻撃するというグループファンもいた。


(ひらがな表記にするところもあります)


微力ながらも、応援と守ることができればとツイッターも少しだけ。
自分をフォローした中に、拓哉ファンと書かれた卵アイコンがあり、
見ると、ファンでもなんでもなく、偵察だった。
そこに群がっていたのは、りーだーと呼ばれるファンのアカウントが並んでた。

アカウントも名前さえも、4人のS○○○とか、
あからさまなものは、木村嫌いなんてものもあった。

どのアカウントも拓哉叩きが激しく、吐き気がするくらいの書きようだった。

あるアカウントは、
ツイッタープロフ画面の背景に、
いすらむこく兵のようにして、頭から真っ黒の服に目だけ出した拓哉を中央に置き、
両端に2人づつを、まるでほりょのようにして置いた画像…
それを見てしまった時、血の気が引いた。

恐怖。

気持ち悪くなった。

なんて悪質なことをするのか!

これがファンがやること。
りーだーと呼ばれるそのファンがやっていること。

トラウマになった。


まだまだたくさん嫌なものを見た。
知った。


2チャンネルでは、
某週刊誌の紙面とネットの企画のじゃにーず嫌いな人ランキングで、
拓哉を1位にしようという運動が起きていた。
同じグループファンによるもの。
ご丁寧にリンクまで貼ってあったのを見てしまった。


6月の解放では、
拓哉はひとり解散はないと言っていた。

拓哉がそう尽力しているのであれば、ファンとしてついていくだけ。
応援あるのみだった。

グループファンは、
信じない。
りーだーの言葉を待て。なんて書き込み等が多数…

哀しくなった。

ただただ哀しくなった。

5人5様のメッセージ。
読めば、そこに思いが表れている。
透けて見えているのに。
認めようとしない。ちゃんと見ようとしない多くのグループファン達。




拓哉だけが大好きであるファンは、
色んなことに殆ど声を上げず我慢をしていた。
これまでも、マスゴミから執拗に叩かれ、嘘や捏造も激しく、
誰かと比較され、叩かれ、
何もなくても叩かれ、
視聴率で実際には通常より高いのに過去作品と比較され叩かれ、
週刊誌には「死す」とまで書かれ、
そういったことに本当にずっとずっと…
とにかく拓哉をひたすら応援して…

グループ内で、
拓哉は、数年前から端っこに追いやられ、
歌割ではソロ部分を減らされ、
冠番組では、話を振られなかったり、無視をされたり、
顕著にそれが態度に言葉に表れていたりーだー。
テレビ番組だけでなく、雑誌にもどこかの記者会見でも、
色んな場面場面で、そういった言動を見せていた。

それでも、攻撃だの苦情だの、
そんなこと、拓哉ファンはしていなかった。
おとなしかった。

でも、この騒動で、上記に書いた様々な攻撃、苦情を目にして、
あれほど解散させまいと存続に向け尽力した拓哉に対し、
理不尽に叩いている。
理不尽なことを言ってくる。

上記に書いたように、
トラウマになるような恐怖画像を背景に、叩いている。

起用してくださっている企業に苦情、攻撃を仕掛け、多大なる迷惑を掛けている。

そんなことを見てしまったから、

守りたいから、

嘘には嘘と言い、
間違っていることには間違っていると言い、
過去をすり替える動きには、本当の真実を伝えようと始めた。

それを、あんりーと言って、酷く罵り、
時にバカにし、
時に2チャンに晒したり、


あまりに理不尽。


6月にじゃにさんが、解散はない、コンサートをする等の発言があったとき、
拓哉のソロの時には席を立とうという運動が起きたことを知った。

涙が出た。

私は、役者としての拓哉も大好きだけど、
コンサートでの拓哉のキラキラ感、圧倒的存在感、
そして、本当に、きっとコンサートでファンと一体感になるのが大好きなんだろうなと思うような
優しい笑顔で客席全体を見回す姿を見ているから、
そんなコンサートで歌い踊る拓哉も大好きだし、
25周年はやってほしいと思っていたから、
でも、そういった運動があることを知り、
本当に遣る瀬無い気持ちでいっぱいになった。

あの頃6月は、社長が言うのだからコンサートはあるのだろうと思った。

でも、ソロの時にゾロゾロと席を立つファン達を、
ステージ上で見せたくない…
と凄く思ってしまった。

そんなの辛すぎる。

どうすればいいか分からない気持ちで胸が締め付けられた。

あまりにも惨い運動。

コンサートは見たいけど、そんな場面は絶対に本人に見せたくない。

だから…なくてもいいとさえ思った。

結局、今の現状となった。



8月14日。日付変わって間もなくのこと。
解散の発表。

ツイッターでは、前日夕方頃にフライングで情報流した某サイトにより知っていたが、
某ーだから嘘だよねとなっていた。
が、メンバの生放送後、すぐにテレビの字幕スーパーに出て、
ネットにも出て、
早刷り新聞もアップされ、
本当であった。


それから、色々なことがありすぎた。


何度泣いたことだろう。

声出して号泣したことも何度もある。

仕事中、ふっと集中が途切れると、自然と涙が出てくる。

ずっと頭の中でぐるぐる考えてしまっている。


活動休止と決まったから、拓哉はハワイに行った。
きっと、それだって不本意だったと思う。
25周年はファンのためにやりたかったと思う。
尽力してたよ。物凄く。

だから戻ってきたのではないのか?!…

活動休止は不本意ながらも、存続にはなる。
いつかコンサートもできる。
大勢のファンへ感謝の思い届けることができるのは、
直接ファンと触れ合うことができるのは、
コンサート。
それを拓哉は分かっている。
それをやろうとしてた。


発表後のひとりひとりのコメントにて、
拓哉は下記のようにコメントされている。


正直なところ、本当に無念です。

でも、25周年のライブもグループ活動も5人そろわなければ何も出来ないので、
のみ込むしかないのが現状です。

たくさんの気持ちで支えて下さったファンの方々、
スタッフの皆さんを無視して解散という本当に情けない結果になってしまいました。

今は言葉がうまく見つかりません。



このコメントに全てが籠められている。


活動休止と決まっていたことを、
拓哉がハワイに行った時に、日本にいない時に、
それを狙って、4人が解散を申し出た。
狙い打ちのように。

4人が解散を申し出たのです。

拓哉は、ハワイで解散を知った。


拓哉は、存続を願っていた、
ファンにずっと寄り添ってくれていた。

四半世紀一緒にやってきたメンバーから、
自分が不在時に、そんな大事なことを、翻され、
話し合うではなく、
その結果を知るって…

どんな気持ちだったことか…

あまりにも惨すぎて、非情過ぎて、想像を絶する…

今、こうして文面を書いているのでも泣けてくる!


帰国時の「複雑です」
は、本当に哀しくて、

泣くしかできない。


グループを本当に大切にしていた。

拓哉が大切にしていたグループだからこそ、
応援もしていた。


でも、私の心は、その時、止まったまま。

拓哉不在時、4人で解散申し出強行した時から、
止まってしまった。


悔しくて仕方ない。


拓哉は、裏切られたのです。



せっかくびくたーさんが出してくださるアルバム。
シングル投票。
拓哉を排除する運動がある。
もういい加減そういうことは止めてください。

いったい、彼が何をしたというのか。
凄く真っ当な考えで、最初からいる場所にいるだけです。
その考えは一切、ブレてなどいない。
翻意もない。
最初から一貫している。


グループ冠番組でも、1月後も、笑顔もお互いの会話もない中、
拓哉はいつも笑顔で番組を盛り上げている。
8月、不在時に解散決行されるという酷い仕打ちを受けても、
笑顔で盛り上げている。
プロとして。


見ていると、切なくなる。



もうこれ以上、拓哉を悪く仕立て上げるのはやめてください。


これ以上、哀しませたり、苦しめないでほしい。


お願いです。







別窓 | 木村拓哉
お誕生日おめでとうございます♪
2015-11-13 Fri 03:00
2015.11.13

拓哉クン♪
お誕生日おめでとうございます。

同じ時代に生まれてきてくれてありがとう。

笑顔や、真剣なまなざしや、思いやりや、優しさや、
そして、全力を、いつも、いつも、ありがとう。

拓哉クンの存在は、ホントにホントに大きくて、めげそうな心をいつも支えてくれている。

何億万回繰り返し言っても足りないくらい「大好き!」
そして、何億万回言っても言い足りないくらい「ありがとう!!」

勇気や元気や希望や、前へと進める力を、いつもいつもありがとう。

微力ながらも、一生懸命、拓哉クンを応援していくよ。

ずっとずっと。これからも精一杯の全力で。


拓哉クンにとって、素晴らしい年でありますように。

大好きな現場で、同じ高い志持った方々と、
ものづくりの時間をたくさん過ごすことができますように。

それをたくさん受け取ることができますように。


HAPPY BIRTHDAY To 拓哉 

大好き





別窓 | 木村拓哉
| It's my Style―想う言の葉― |